縫って二重を作る | 腕の良い美容外科は口コミで探そう!確実な手術で綺麗になろう

縫って二重を作る

クリニックのベッド

多くの人がコンプレックスに感じているもの、それは「一重まぶた」です。
目が一重か二重か、というのは人から見たときに非常に大きく印象が代わるもので、二重まぶたの場合は目が大きくぱっちりと見えるので、人から「明るそう」というような印象を持たれます。
ですが一重というのは目が細くシャープに見えるという特徴があるので、人からは「何もしてないのに不機嫌そう、怒ったように見える」「目付きが悪い」というような印象を持たれてしまうのです。

この一重まぶたを治療するために、多くの美容外科で行われる手術に「埋没法」と言うものがあります。
この埋没法というのは、瞼の裏側に特殊なテグスを通して縫い付け、人工的に二重のラインを作り出すものです。
手術時間も10分程度、痛みや腫れもほぼ無いという特徴があるので非常に多くの人がこの手術を行っていますが、実はこの手術というのは新たなコンプレックスを生み出すおそれがあるのです。

そのコンプレックスというのは「まぶたにテグスのラインが現れる」というものです。
腕の良い美容外科で行ってもらった場合には殆どラインが見えませんが、あまり腕の良くない美容外科でこの手術を行うと、まぶたにボコボコとしたテグスのラインが浮き出し、見る人が見ると「この人は整形した」と一発でバレてしまうのです。
そして、そのようなラインが浮き出てしまうと、せっかく一重を解消することができたとしても、その人にとっては新たなコンプレックスになってしまう可能性もあります。
なので、埋没法を行う場合には必ず腕のよい美容外科で行ってもらうようにしましょう。